人気ブログランキング |

日和写真なブログ~工場と港の街八戸から~ 日和写真なブログへようこそ!私フィールダーが八戸市周辺を写真で紹介します

舘のやかた-えんぶり島守御膳

昨日の2月13日は、八戸観光コンベンション協会主催の「古民家・舘のやかたでえんぶり鑑賞&島守舘御膳を楽しむモニターツアー」
に参加させていただきました。
午前11時に、八戸市庁前からマイクロバスで八戸市南郷島守地区にある古民家・舘のやかたに向かいます。
参加された皆さんの日頃の心掛けがいいので、春のように温かいいい天気に恵まれツアーがはじまりました。
舘のやかたは、南郷頃巻沢地区から移築された今ではとても貴重な茅葺屋根の大きな古民家です。
b0126256_12392500.jpg



人気ブログランキングへ
ポチッとお願いします<(_ _)>






中には大きな囲炉裏が切ってあり、炭がくべられていて落ち着く空間です。
ここにいると時間がゆっくり流れている気がします。
b0126256_12413945.jpg

となりの部屋には御膳が用意されていました!
ご飯は雑穀のひえが入ったひえ飯です。
昔は米が貴重で雑穀を混ぜて食べるのがあたりまえだったそうです。
炊きたてホカホカでとっても美味しかったです!
b0126256_12394907.jpg


となりの部屋で見た炭火を使って焼かれたイワシの塩焼きは焼き加減も丁度よく美味しかった。
b0126256_12394473.jpg



「田舎の味わい」ということで考案されたクジラ入りの干し菜汁は、優し味付けでとても美味しかったです!
ちなみに、その昔南氷洋でクジラ漁が盛んにおこなわれていた頃、南郷の男衆の多くが捕鯨船に乗ってクジラ漁に出ていたそうです。
あちらこちらに、クジラ御殿も建ったそうです。
b0126256_12404070.jpg


今では貴重な昔懐かしいクジラです。
私は、給食でたべて世代です^^
b0126256_12404739.jpg



美味しい御膳をいただいた後は、東北5大雪まつりに指定されてる郷土芸能八戸地方えんぶり組の中から、
地元島守の荒谷えんぶり組がえんぶりを披露してくださいました。
親方の軽妙なトークに会場は笑いに包まれながら始まりました。
b0126256_12415051.jpg


荒谷えんぶり組は古い型のどうさいえんぶりと言われていて、動作が比較的単純なのだそうです。
こんなに近くで見たのは初めてでした!
まさしく旦那様になった気分です!
b0126256_12423023.jpg


しかしながら、勇壮さはビシビシ伝わってきます。
b0126256_12424891.jpg


こどもたちの祝福舞も元気がありとてもよかったです。
b0126256_12432713.jpg

ちいさい子は出ていただけで人気者です!
とってもかわいかった~
b0126256_12444400.jpg
b0126256_12453693.jpg
b0126256_12454786.jpg
b0126256_12470979.jpg

古い八戸周辺などの地名が出てくる「八戸舞」披露するのは組一番の長老です。
聞いたことのない地名もちらほら。。。
b0126256_12472789.jpg

今では貴重な演目「苗代掻き」は荒谷えんぶり組だけに伝わっているそうです。
右手に持っているのは「かんだい」といわれる農具です。
b0126256_12474639.jpg


大きなタイを旦那様におさめます。
b0126256_12480575.jpg



この日は、9の演目を披露してくださるという贅沢なえんぶりも摺り納めで終わります。
間近で見るえんぶりは迫力満点で最高でした!
ぜひまた機会が有ったら見たいです。
b0126256_15105564.jpg

この後は近くの朝もやの館でゆっくりと買い物をして、楽しかったツアーの心地いい余韻に浸りながら帰りました。



最後になりますが、今日(14日)は緊急で決まった「やかたんぶりが」開催されています。
まだ間に合いますよ~~!

b0126256_12503277.jpg



人気ブログランキングへ
ポチッとお願いします<(_ _)>




by ae86gt2000 | 2016-02-14 15:23 | イベント | Comments(0)