カテゴリ:美術館( 7 )
Top▲ |
土門拳記念館を見学
今日は、山形旅行の2日目に行った土門拳記念館を紹介します。
土門拳は(敬称は略させていただきます)1909年(明治42年)に酒田市で生まれました。
1974年に酒田市名誉市民第1号となった土門拳は、「自分の全作品を郷里酒田市に贈りたい」といわれました。
酒田市はそれにこたえ、1983年に土門拳記念館を市街地から南西4kmに位置する飯森山公園の中に完成させました。
土門拳記念館HP参照
土門 拳は昭和時代に活躍した日本の写真家である。 リアリズムに立脚する報道写真、日本の著名人や庶民などのポートレートやスナップ写真、寺院、仏像などの伝統文化財を撮影し、第二次世界大戦後の日本を代表する写真家の一人とされる。また、日本の写真界で屈指の名文家としても知られた。 ウィキペディア引用

b0126256_11550379.jpg





More
Top▲ | by ae86gt2000 | 2014-06-19 21:56 | 美術館 | Comments(0)
山形美術館で北展と常設展を堪能
先週末は山形方面へ旅行に行ってきました。
本来であれば八戸の事を中心に紹介するブログですが、美術館のジャンルが有ったことを思い出しこちらにアップします。
山形美術館は、長谷川コレクション室、新海竹太郎・新海竹蔵彫刻室、吉野石膏コレクション−珠玉のフランス近代絵画、服部コレクション−20世紀フランス絵画の一部が常設展示されています。
詳しくは、こちら⇒山形美術館のHPご覧ください。
絵画の事は全く詳しくないですが、ルノワールやモネセザンヌの絵にとても惹かれます。
今回久々に真作の絵画を見る事ができ、色々と吸収してきました!
b0126256_21180011.jpg




More
Top▲ | by ae86gt2000 | 2014-06-16 22:14 | 美術館 | Comments(0)
十和田市現代美術館 開館5周年記念展 vol.1
十和田市現代美術館の開館5周年を記念して、4月27日(土)より「flowers*」が同美術館及び中心商店街ほかで開催されています。
と言う事で、官庁街に桜が咲き始めた先日出掛けてきました。

一斉に芽吹く春の花のように

十和田市現代美術館は今年、開館5周年を記念して、花をテーマにした展覧会を開催いたします。
花はどの国の美術にとっても、古くから人々の心を捉える美しさと、多様な生命を育む力強さを兼ね備えた、永遠の主題でした。
また日本では、花伝書に知られるように、花を人生の彩りと重ね合わせてみることも行われてきました。
 十和田市現代美術館の常設展作家に新たなアーティストを加え、花の作品を多数出品してもらいます。
作品は美術館のみならず、街中にも展開し、観客は美術館から街の中へ、作品探しの冒険に出発します。
国際的に活躍するアーティストが展開するさまざまな“花”の表現は、民族や宗教、国家間の対立を越えて人々の間に“共感”を育み、東日本大震災を経てなお続く困難に立ち向かう、新たな“勇気”を呼び起こしてくれることでしょう。
 美しく咲き誇る官庁街通りの桜並木と共に、雪国が待ちわびるアートの花をお楽しみください。
 出展作家
青山悟、安斉研究所、大庭大介、大巻伸嗣、草間彌生、工藤麻紀子、須田悦弘、高橋匡太、チェ・ジョンファ、チームラボ、奈良美智、蜷川実花、藤森八十郎、山本修路。
十和田市現代美術館HPより引用

b0126256_21181271.jpg


もう一つのブログ「好きな街八戸から」も宜しくお願いします。



人気ブログランキングへ ←ポチッとお願いします<(_ _)>

続きはこちたから・・・
Top▲ | by ae86gt2000 | 2013-05-01 22:16 | 美術館 | Comments(0)
帆風美術館~描かれたフォルム・日本美術百科辞展~
八戸北インター工業団地内の帆風美術館は、デジタル光筆画技術で複製された掛け軸専門の美術館としてオープンしてから満4年になりました。
私も何度か見に来ましたが、忠実に再現された作品は見応えあります。
これまで、江戸期の絵画を中心にあらゆる分野の作品を国宝12点、重文47点を含む多くの名品を展示してきました。
今回は、「日本美術百科辞展」の第1回目として」描かれたフォルム1巻が4月14日から9月30日まで開催されたいます。
b0126256_10165671.jpg


もう一つのブログ「日和写真なブログ」も宜しくおねがいします。


b0126256_10153345.gif

地域情報(東北) ブログランキングへ←ポチッとお願いします<(_ _)>

More
Top▲ | by ae86gt2000 | 2012-04-23 22:51 | 美術館 | Comments(0)
ツカハラミュージアム
先日北インター工業団地内に有るツカハラミュージアムに、数年振りに行ってみました。
今年から、新しく展示場が一棟増えて展示台数もかなり増えたと聞いていたのですが中々見に行く機会が無かったのです。
クラシックカーは、手作りの芸術品だと私は思います。
この頃の部品は、まさしく全て手作りで仕上げられているんですよね。
ボディーの曲線から、内装の革張りシートまで、職人の手仕事の結晶だと思います。
だから、現在の車には無い美しさが有るんですよね!

久々に、じっくりと被写体と向き合って思う存分写真を撮る時間が持てました(笑)

展示車両もちょっと紹介します。
手前から、1923年トラージュスポーツロードスター(フランス) 1933年 ROLLS-ROYCE PHANTOM Ⅱ/ ロールスロイス
 1927年 ROLLS-ROYCE / ロールスロイス

トラージュスポーツロードスターは、二番目に好きな車でした^^
b0126256_2005768.jpg


続きはこちらから・・・
Top▲ | by ae86gt2000 | 2011-09-23 23:03 | 美術館 | Comments(0)
帆風美術館 美術歳時記-夏
三月にも当ブログで紹介しました、北インター工業団地内にある「帆風美術館」では、先週の土曜日から
開館三周年記念展 美術歳時記 夏はきぬ。が始まりました。
11日(土)と12日(日)にはオープン記念行事が開催されるとの事でしたので11日に行ってきました。
b0126256_20331741.jpg


続きはこちらから・・・
Top▲ | by ae86gt2000 | 2011-06-15 22:58 | 美術館 | Comments(4)
ツカハラミュージアム'09
今年も、ツカハラミュージアムが5月2日にオープンしたと聞いて出かけてみました。
新たに加わったコレクションも楽しみでした。
2002年「スーパーGT」500クラスに参戦していたトヨタスープラと全く同じ仕様のテストカーが今年は展示されていました。
あの脇阪選手や飯田選手が乗ったであろうスープラが見れてワクワクでした。
b0126256_2159636.jpg



 宜しければ応援ポチお願いしま~す

続きはこちらから・・・
Top▲ | by ae86gt2000 | 2009-05-15 22:59 | 美術館 | Comments(6)

| ページトップ |