島守地区探訪の続きと未確認飛行物体?
あの農具が置いてあった所は、「八戸市南郷歴史民族資料館」です。
明治、大正、昭和の時代の生活に纏わる貴重な品物を展示してあるところです。
本館と旧家を移築した別館があります。
この家屋は、青葉湖の底に沈んだ世増地区から移築したそうです。
明治時代に立てられたとの事です。
b0126256_2045438.jpg



中もそのままの状態で保存されています。
木の質感がとても暖かいです。
b0126256_209161.jpg



当時使われていた道具が無造作に置かれています。
またそれが良かったりします。
b0126256_20105112.jpg

b0126256_20111176.jpg

この家屋の中に入ると何かタイムスリップした様な不思議な気がしました。


実は、一枚目の写真の左上に何か飛んでいるんですが分かりません。
元画像そのままを切り取ったのが下の写真です。
さて何に見えますか?
b0126256_20151814.jpg

感想をコメントください。


 ←不思議だな、なんだろうと思ったら ポチ
Top▲ | by ae86gt2000 | 2008-06-23 20:18 | はちのへ | Comments(22)
Commented at 2008-06-23 20:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-06-23 21:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by clear sky at 2008-06-23 21:06 x
私もつい最近そのようなものが写っていました。
場所は、階上岳山頂からの景色です。
なんだろうと思いますね。
スカイフィッシュとかいうやつとか?考えたりして楽しんでましたw
でも、こういうの不思議ではないのかもしれません。
私達が知らないことなんていっぱいあります。
未だに解明されていないことや発見されていない生物などあるのかもしれませんんよね。

でも、本当になんだろう?と気になってしまいますね☆
Commented by ZIN at 2008-06-23 21:41 x
青葉湖からの移築した民家なんですね。
3枚目は鞍と蹄鉄でしょうか?
そして,4枚目にも馬の絵がありますね。
なんか,感慨深いですね。

最後の写真まったく分かりませ〜ん
シャッタースピードはどのくらいだったんでしょう?
Commented by reev21 at 2008-06-23 23:20 x
こんばんわ☆

乗馬倶楽部フェスタでお会いしましたreev21です。
初めてコメントをさせていただきます。

島守地区の資料館は行ったことはありませんが、「朝もや
の館」には何度も行っています。 この地区は、地元の歴
史をとても大切になさってますね。 展示品の数々が、そ
の気持ちが出ているような気がします。

島守地区にUFOが出現?ですか。
何となくありそうな、そんな気がしますね(笑)。
Commented by Amy at 2008-06-23 23:29 x
おっ!鞍があるぞ!クラが!昔の農家と馬は相棒だったんでしょうね(*^^*)

では(^-^)/お答えします。
1)オゾン層の断裂
2)UFO
3)旧家の祖先の霊
4)鶴の恩返し の 鶴が飛び立った所

多分 (4)でしょ~!

だめだって フィルダーさん!
『覗いちゃ駄目』だって あれだけ 言われたのに…
カメラまで持って 撮影しちゃうんだもん
┐(  ̄ー ̄)┌

鶴だって 帰りたくなるって…
天気いいと暑いしさぁ~(爆)
Commented by hama-nasu at 2008-06-24 08:23
おはようございます♪
昔の農家の暮らしがわかりますね
良く働いたのでしょうね
UFOですか?
新しい形だわ!
Commented by bayabayatto at 2008-06-24 10:03
おはようございます~
ここも行ってみたいと思いつつ、なかなか…。
そばの花が咲く頃、まとめて寄ってみっかな。
この食器棚、欲しいなー!!今じゃあ技術、材料ともに無理だべねえ。
飛行物体…お留守番してるオカメちゃんの生霊!!なわげねが。何だべねー?
あ、おらんどっからリンクさへでもらってもいべがー?
Commented at 2008-06-24 12:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ae86gt2000 at 2008-06-24 20:50
カギコメ2008-06-23 20:46 さんこんばんわ。
了解しました。
ありがとうございます。
Commented by ae86gt2000 at 2008-06-24 20:52
カギコメ2008-06-23 21:03さんこんばんわ。
そうなんですね。
私もです~・・・・
Commented by ae86gt2000 at 2008-06-24 20:59
clear skyさんこんばんわ。
この写真を撮った日は6月8日です。
階上岳でですか、6月8日ではありませんか?
まだまだ判っていない事があるんですね。
不思議な事としか言い様がありませんね。
いつもコメントありがとうございます。
Commented by ae86gt2000 at 2008-06-24 21:09
ZINさんこんばんわ。
貴重な家屋を後世に残していく事は大切ですよね。
そうですね、3枚目は鞍と蹄鉄です。
農家と馬は密接な関係だったんですね。
最後の写真は結局何か判りませんでした。
残ったのは頭の中のもやもやだけかな。
いつもコメントありがとうございます。
Commented by ae86gt2000 at 2008-06-24 21:21
reevさんこんばんわ。
ご訪問頂きありがとうございます。

reevさんのブログいつも読み逃げばかりしてました。
(申し訳ありません)

そうですね、島守地区は古い物をとても大切にしていると思います。
だからよく島守に出かけます。
「朝もやの館」で外の景色を見ながら蕎麦を食べるのがいいですね。
これから蛍の時期にまた行こうと思っています。

あれはUFOですかね。
なんか夢があって良いですよね。
またいらして下さい、コメントありがとうございます。

Commented by ae86gt2000 at 2008-06-24 21:32
Amyさんこんばんわ。
いっぱい写真撮ったんですが、やっぱり鞍を選んでしまいました。
さりげなく照明を当ててあったのがまた良かったですね。
農家の方と馬は家族だったんじゃないでしょうか。
それほど結び付きは強かったのでは無いでしょうか。
一つ屋根の下に住む事が物語っている気がします。

オゾン層の断裂は素晴らしい考えです。
思いもよりませんでした。

で、鶴の恩返しですか・・・
実は、機織り機械が置いてある部屋覗きました。
どこで見ていたんですか?
恐ろしい。
嬉しいコメントありがとうございます。
Commented by ae86gt2000 at 2008-06-24 21:38
hama-nasuさんこんばんわ。
ほんとに沢山の道具がありました。
どんな用途使われていたのか分からない方が大多数でした。
木の質感が使い込まれた感じがしていっぱい働いたのが伝わってきました。

やっぱりUFOですかね。
何かありそうですね島守、いい所ですよ。
いつもコメントありがとうございます。
Commented by ae86gt2000 at 2008-06-24 21:48
やすおさんこんばんわ。
この古い家屋に惹かれて立ち寄ってみました。
良いですよねこの作り付けの食器棚100年経っても使える食器棚ですからね。
むずかしいでしょうね、出来たとしても値段が半端ねーだろうきっと。
クーの話すればとまらなぐなるすけ・・・
島守に行くと不思議な体験出来るかもしれませんよ。

リンク大歓迎です、私も早々にリンクさせて頂きます。
うれしいコメントありがとうございました。

Commented by ae86gt2000 at 2008-06-24 21:49
カギコメ 2008-06-24 12:51 さんこんばんわ。
ありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いします。
Commented by clear sky at 2008-06-25 16:03 x
コメントの返信をみて確認したところ、まさにその6月8日でしたっ。
同じような感じではっきり写っているんですが。。。
ちょっと出したいなぁとも思いましたが、おばあちゃんと妻のアップの記念写真でしてw
なんか不思議ですね。なんだなんだ?
Commented by ae86gt2000 at 2008-06-25 18:15
clear skyさんこんば。
やっぱり同じ日でしたか・・・
益々不思議ですね。
だいぶ昔航空際で撮影した不思議な光の写真もあるのですが、いずれ折を見て公開したいと思います。
未だに未解決です・・・
Commented at 2009-07-13 21:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ae86gt2000 at 2009-07-14 23:14
shinobuさんこんばんわ

お祖母さんが住んでいた家だったんですか(驚)

懐かしさと、複雑な気持ちが交錯していらっしゃるんでしょうね。

私も小さい頃にこんな家に住んでいた事があるので、懐かしく拝見させて頂きました。

ブログ拝見させて頂きましたが、今はべトナムにお住まいなんですね(驚)
私のブログもワールドワイドになったんですね(爆)

これからも宜しくお願いします

<< 青森県立浅虫水族館 | ページトップ | 八戸市南郷区島守地区探訪 >>