八戸えんぶり2013~中居林えんぶり組に密着、身支度から奉納編~
今夜は、以前八戸えんぶりの練習風景を見学させていただいた中居林えんぶり組を、八戸えんぶりが始まった17日に、密着見学しました。
普通ははなかなか見れない準備風景を見る事ができてえんぶりが始まる前からテンション上がりました!
中居林えんぶり組は、取締役の組なので順番取りをする事はないそうです。
そして、取締役組の太夫にだけ刀を差す事が出来ます。
(長者山新羅神社境内に集結し、奉納摺に向かう同組)
b0126256_09262884.jpg


もう一つのブログ「日和写真なブログ」も宜しくおねがいします。


b0126256_09250204.gif

地域情報(東北) ブログランキングへ←ポチッとお願いします<(_ _)>



「朝5時に屯所に集合して準備を始めます」と親方さんに聞いていましたが、私が着いたのは時計を見ても分かるように大遅刻でした(-_-;)
既に皆さん身支度を整え終えて、えんぶりの神々にご挨拶をする所でした!
b0126256_09262912.jpg


b0126256_09263082.jpg



親方から、伝達事項や諸注意等お話があり、いよいよ長者山に向けて出発準備に入ります。
b0126256_09263100.jpg



まだ途中だった身支度を終わらせます。。。
(多少ピントが甘いのはご容赦くださいませ)
b0126256_09263115.jpg



練習の時に、ちょっとだけでしたが話をした子が覚えていてくれて、はにかみながらいい笑顔を見せてくれました。
彼は、小学1年生から金輪切りをやっているそうで、今は3年生だそうです。
今日は、いっぱい練習したからきっと上手く出来るね^^
(ぶれぶれですがご容赦下さい^^ゞ)
b0126256_09263202.jpg



彼は、松の舞と大黒舞を披露してくれます!
応援してるからね^^v
b0126256_09263317.jpg



私も、烏帽子の神々様に「今日一日よろしくお願いします」と手を合わせました。
b0126256_09263436.jpg


b0126256_09263595.jpg



伝統を重んじる八戸えんぶりでは昔ながらの履物「つまご」を履いていますが、これがまた履くのが大変なんですね!
子供は、一人で履くのは難しいみたいですね。
だから、みんなが履き終わるまで結構時間がかかりました!

そして、履き終わったら長者山に向けて移動します。
b0126256_09263579.jpg



ここからは、1枚目の写真の続きになりますが、奉納に向けて列が続きます。
子供たちの衣装も、この組の歴史の古さを物語っている様な色合いとデザインで渋いですね^^
そして、衣装を着たみんながまた可愛いです!
b0126256_09263663.jpg



普段は温和な表情の親方ですが、この時はキリッと気合が入ってました!
b0126256_09263786.jpg



その気合が、太夫にも伝わってました!
やっぱり太夫はカッコイイですね^^
b0126256_09263815.jpg



子供たちは、行列したままの長い待ち時間にそろそろ飽きて来始めているみたいですw
b0126256_09263908.jpg



そんな中お囃子は威勢のいいまま気を抜く事は無かったです。
さすが大人ですね^^
b0126256_09264012.jpg


b0126256_09264333.jpg



本殿への奉納の撮影は、人の多さに断念しました(~_~;)
報道カメラマンにはなれないタイプのフィールダーです。。。
しかしながら、境内の中にはいくつもの祠があって、各えんぶり組がそれぞれの組のスタイルでご挨拶します。
各組がどんな風にご挨拶するかを見比べるのも楽しいと思います!
b0126256_09264474.jpg


b0126256_09264596.jpg


b0126256_09264639.jpg


b0126256_09264655.jpg


b0126256_09264740.jpg


b0126256_09264802.jpg

次回は、まつりんぐ広場での組の様子を紹介します


b0126256_09250204.gif

地域情報(東北) ブログランキングへ←ポチッとお願いします<(_ _)>
Top▲ | by ae86gt2000 | 2013-03-02 23:13 | えんぶり | Comments(0)

<< 八戸雛めぐり2013 | ページトップ | 八甲田スノーシュートレッキング初体験 >>