中居林えんぶり組稽古見学~子供編~
少し前の事になるのですが、夢百貨ギャラリーにえんぶり人形展を見に行った時に、えんぶり人形作者のSさんと久々にお話する事が出来たのですが、その時に「普段見ているえんぶりではなく、もう一歩踏み込んでえんぶりを知りたいと思いませんか?例えば稽古風景とか、えんぶり本番の日を密着するなんてどうですか?」と提案していただき、その後どんどん頭の中でイメージが広がり「是非お願いします!」とSさんに返事をして後日中居林えんぶり組の稽古風景を取材させて頂く事が出来ました。
今夜は、子供えんぶりの稽古風景を紹介します。
最初に紹介するのは、「えんこえんこ」と呼ばれる舞で、銭太鼓を肩の高さでくるくると1回転しながら左右の足を交互に出す仕草はとっても可愛らしいです!
b0126256_09251671.jpg


もう一つのブログ「日和写真なブログ」も宜しくおねがいします。


b0126256_09250204.gif

地域情報(東北) ブログランキングへ←ポチッとお願いします<(_ _)>



手の動きと足の動きが全く連携していない動きをする舞は難しいはずですが、見事にこなす子供たちの感性の素晴らしさには脱帽です!
b0126256_09251753.jpg



その後には、師匠からの指導があるのですが、流石しっかり見ているんだなと感心するばかりでした^^
真剣に、師匠からの指導を受ける姿の心打たれます!
b0126256_09251779.jpg



金輪切をするこの子は、小学3年生で3年前から金輪切をしているそうです!
技もしながら、口上もこなすのは、至難の業だと思われます!
b0126256_09251886.jpg



師匠からの演技込みの指導は、私が見ていても素晴らしいものでした!
b0126256_09251981.jpg



別室では、熱い個別指導が繰り広げられていました!
ふと思ったのですが、こんなふうに人生の先輩と接する機会を、今の子供たちにより多く有ったらいい社会が形成されるんじゃないかなってね^^
b0126256_09252073.jpg



恵比寿舞は、子供にとっては舞と口上をいっぱい覚えなければならないけど、憧れのポジションかもしれませんね!
今から本番を見るのが楽しみです^^
b0126256_09252054.jpg


えんぶりのお囃子を間近で聞けるって事は滅多に無い事で、お囃子が始まった瞬間に一気にテンションが上がりました!
b0126256_09252106.jpg



仕草も大事ですが、表情も重要な表現要素だと思います。
男がいつもニヤニヤしているのは変だけど、何かを成し遂げた時に見せる笑顔はいいですね!
b0126256_09252271.jpg



魚釣りをした事がない子供たちは、竿の扱いや表現が難しいかもしれないですよね!
そこで、師匠がワンポイントアドバイスします。
b0126256_09252294.jpg



鯛釣りの時に、サクッと紐を結ぶ事が出来る様に教わってます。。。
これが中々難しいらしいです^^
(後で実践編が出てきます)
b0126256_09252392.jpg



休憩中に彼らに質問してみました。
「えんぶりは好きですか?」って、そしたら即座に手を挙げてくれた。。。。
その後聴き直したらみんなえんぶりが好きなんだって!
b0126256_09252475.jpg



松の舞は、何処の組でも男の子が多く参加している気がしますが、やっぱり可愛いです^^
b0126256_09252470.jpg


b0126256_09252587.jpg



中居林えんぶり組の大黒舞は、この組に古くから伝わる独特の節回しと舞方が特徴的で、躍動感があり見応えがあります。
b0126256_09252617.jpg


b0126256_09252746.jpg



やっぱり、すぐそばで聞くお囃子はテンション上がります!
b0126256_09252751.jpg



あっという間に、子供達の練習時間が終わりました。
全員親方の前に並んでお菓子とジュースを貰って、稽古がお開きになります^^
b0126256_09252897.jpg


b0126256_09252946.jpg


えんぶりの稽古をしている子供達は皆真剣に取り組んでいて素晴らしいと思いました。
しかもみんなえんぶりが好きなんだそうです!
きっと彼らは立派な大人になることでしょうね!
そして、この素晴らしいえんぶりを後世にも伝え残していってほしいですね。
17日のえんぶり本番も今から楽しみです!!!

次回は大人の部を紹介しま~す^^


b0126256_09250204.gif

地域情報(東北) ブログランキングへ←ポチッとお願いします<(_ _)>
Top▲ | by ae86gt2000 | 2013-02-11 23:21 | えんぶり | Comments(0)

<< 南部地方えんぶり2013~奉納編~ | ページトップ | 工場を見下ろす坂道 >>