夏イカ水揚げに活気付く第二魚市場
先日の夕方八戸第二魚市場に行ってみると、夏イカの水揚げで超活気だっていました。
イカ釣り漁といえば普通は夜の漁火漁を思い浮かべますが、八戸の場合は日中に漁をして夕方市場に水揚げします。
八戸沖の漁場は、この時期前沖サバとバッティングするのでサバは夜獲って、イカは昼獲るという事になっているそうです。
b0126256_22133233.jpg


もう一つのブログ「好きな街八戸から」も宜しくお願いします。



人気ブログランキングへ ←ポチッとお願いします<(_ _)>






入港してくるイカ釣り船を待つ方々。。。
b0126256_22133840.jpg



沖合からは次々とイカ釣り船が入港してきます。
b0126256_22134213.jpg



入港すると同時にそれぞれの仕事が始まります。
マジかっこいいです!
実はですね、八戸港はイカの水揚げでは日本一らしいんですが、控えめな南部衆はアピールが下手なんです(~_~;)
b0126256_22134653.jpg



水上げされたイカは、この後競りに掛けられ、待機しているトラックに積み込まれ中央の市場に向かったり、
地元の飲食店に配送されその日のうちにお客様に提供ます。
八戸の浜に活気が戻る事が震災からの復興に大きく貢献している事を実感した瞬間でした!
b0126256_22135037.jpg

b0126256_22135955.jpg

b0126256_2214486.jpg

b0126256_22143356.jpg

b0126256_22143733.jpg

b0126256_22144167.jpg

b0126256_22144613.jpg

b0126256_22145191.jpg

b0126256_2214561.jpg

b0126256_2215823.jpg

b0126256_22151367.jpg



人気ブログランキングへ ←ポチッとお願いします<(_ _)>
Top▲ | by ae86gt2000 | 2012-08-30 23:02 | はちのへ | Comments(0)

<< 夏の終わりの浜辺 | ページトップ | 楽校の中心で愛を叫ぶ Vol.3 >>